老人ホームで介護保険が利用できるケースとは


老人ホームで介護保険が利用できるケースについて説明していきたいと思います。 まず、介護保険を利用するには条件があります。 介護保険料の支払いをしている65歳以上の高齢者で、市町村等による要介護認定を受けていることが、大前提になります。要介護認定は、その方の状態によって自立、要支援1、要支援2、要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5の順に上がっていきます。 まず老人ホームには、認知症専門とした施設やリハビリを目的とした医療が充実した施設など、介護を受ける側の状態によって利用できる施設が何種類かあります。その中でも代表的な施設を紹介します。 ①老人保健施設と呼ばれるものです。要介護認定の要介護1の方から入れます。 病状は安定しているが、医療や介護、機能訓練が必要いう方を対象にしています。 ②特別養護老人ホームです。要介護認定の要介護1の方から入れます。日常の生活介護、機能訓練、レクリエーションなどのサービスが中心です。 老人保健施設のように、医療面にはあまり重点がおかれていない施設です。 費用はほかの施設に比べて低くなっていますが、そのため希望者が多く長期間の入所待ちになっています。 ③グループホームです。要支援2の方以上が入れます。認知症の方専門の施設です。利用者は、施設 ④有料老人ホームです。要介護認定の自立の方から入れます。施設の特徴は、居室のすべてが個室となっていて個人のプライベートな空間がしっかり確保されていることです。費用の面では、特別養護老人ホームより多くかかります。 このように、利用される方の認定を受けた介護度で使える施設が変わってきます。